仮想通貨ブログ日記@こより

2017年8月から仮想通貨参戦!仮想通貨(暗号通貨)についてのわたしなりの分析、考えを元に毎日1記事+α更新していきます 😊

ビットコイン相場「強気の日本勢と弱気の海外勢」


「強気の日本勢と弱気の海外勢

Dear:読者様
こんにちは、こよりです(๑

ビットコインの価格が乱高下しています。

ビットコインチャート

ドル建て価格は日本時間22日夜に1ビットコイン=1万1000ドルを割り込み、17日の最高値(1万9783ドル)から4割下落した。ただ、23日には1万5000ドル台に戻すなど底堅さも見せています。チャート的にはダブルボトムを形成していると思われます。

この暴落と、その後の上昇には日本と海外のそれぞれの思惑が。 

強気の日本勢 

ビットコインの世界取引のうち日本円の占める割合は以前は40%台前半で推移していたが、25日時点で約49%にまで上昇。

ビットコインが急落した22日夜、国内のツイッター上で「ビットコイン、大バーゲンセールだ!」というつぶやきが相次ぎました。

「ビットコイン、大バーゲンセール」ツイート

価格が下がったので今が買い時!ということで、あくまで「買い」の姿勢です。

これまでビットコインは急落してもすぐに戻してきた経験から、今回の暴落も押し目買いチャンスと見た投資家が多いようです。

 

弱気(売り姿勢)の海外勢

米ブルームバーグなどによると、著名投資家のマイケル・ノボグラッツ氏は今月予定していた仮想通貨ファンドの立ち上げを延期することを決めたみたいです。

韓国では前週、仮想通貨取引所のユービットがハッキング被害を受け、顧客の資金が流出して破産申請に追い込まれ、北朝鮮のサイバー攻撃との見方もあり、警戒感が高まっています。

もう一つ懸念材料として、ビットコイン全体の半数超を開発者らが保有しているということ。大量保有者がさらに売り圧力を高めれば、今後の価格下落に拍車をかける可能性は十分にあります。

ビットコイン、急落でも群がる日本マネー :日本経済新聞

 

まとめ

最近日本では新規のユーザーが急速に増えつつあります、この勢いのまま日本勢が底値を上げつつビットコイン相場を押し上げていけるのかが、今後のビットコイン価格を左右するんではないでしょうか。

もう一度言いますが、ビットコインの世界取引のうち日本円の占める割合は25日時点で約49%まで上昇しています。「日本マネー」の存在はビットコイン相場にとって大きな意味を表していると思います(๑•̀д•́๑)キリッ

【仮想通貨最新ヘッドラインニュース】

▷ 続きを見る ◁


初心者に読んでほしい記事
各通貨リアルタイム情報
仮想通貨の口座を作ろう

取引所ランキングTOP3

No.1 【人気なアルトコイン『ネム(XEM)』『モナコイン』を安く買うならZaif】



マイナス手数料還元。取引所独自のトークンを始め、トークンが豊富。
トレード不要の仮想通貨コイン積立が自動でできるのも魅力な取引所


No.2 【世界一の取引所Binance】


バイナンス取引所

日本語に対応。軽くてUIも良く世界一の取引所。
メールアドレス登録のみで取引開始可能。海外取引所はバイナンス「Binance」


No.3 【セキュリティ評価世界一のビットフライヤー】


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

世界No.1のビットコインFX取引量を誇る取引所
レバレッジ15倍のビットコインFX取引ができる。ビットコインFX取引ならビットフライヤー。