仮想通貨ブログ日記@こより

2017年8月から仮想通貨参戦!仮想通貨(暗号通貨)についてのわたしなりの分析、考えを元に毎日1記事+α更新していきます 😊

「ビットコイン、どうなる今後の1年」ブロックチェーンの活用が勝敗を分ける!など11/28


ビットコイン、どうなる今後の1年

Dear:読者様
こんにちは、こよりです(o'ω')ノ
本日の仮想通貨ニュースはこちら⭐

 

ビットコイン、どうなる今後の1年

この動画では「ビットコインの価格」がどうとかではなく、ビットコインに使われている「ブロックチェーン」の活用が今後の1年で勝敗を分けると予想しています。
「ブロックチェーン」は「インターネット」が誕生した時と匹敵するくらい革新的で、確実に今後の世の中を変えていくものになっていきます。この技術で成功を収めようと企業は模索し発展してくだろうと思います。
すでに「IBM」「マイクロソフト」「トヨタ」などの大企業はブロックチェーンに投資し、食の安全や自動運転技術などへの活用の可能性を模索しています。

ビットコインの時価総額191ヶ国中135国の通貨よりも上という事実

 ジンバブエでビットコイン違法に

 ビットコイン対応の「POSレジ」システムが登場

支払いの流れ 

店側:ビットコインでの支払いを希望する客に、ディスプレイに表示されたQRコードを見せる

客:スマートフォンアプリでQRコードを読み込むと支払いが完了

※ビットコインは決済時の取引レートで日本円に換算され、店側は日本円を受け取るシステム。リリース文によると決済の手数料は1%で、クレジットカードよりも割安。同社によると、BCPOSは、全国1万7千店、首都圏約5千店に導入されているという。

「POSレジ」導入の背景

いま、日本に訪れる中国からの訪日客の中には、自国で使いどころのない「仮想通貨資産」を抱えた人たちが少なくないと言われる。中国政府が仮想通貨と人民元の交換を規制していることから、日本で仮想通貨を使って買物をしたい中国人旅行客が増えているという。POSシステムの仮想通貨対応は、こうしたインバウンド需要を狙うサービスと言えそうだ。

www.businessinsider.jp

 

韓国最大の地下ショッピングモール(Goto Mall)でビットコイン支払いの受付が開始

 Goto Mallは韓国の暗号通貨取引所HTS Coinとパートナーシップを結んでおり、この取引所は暗号化通信を利用したスマート決済システムを開発しモバイルアプリをローンチしています。
現在韓国では、ビットコインなどの暗号通貨の取引量が大幅に増加しており、24時間の取引所別ボリュームランキングでは韓国取引所Bithumbが1位と成っています。

f:id:virtualcurrency:20171128235708p:plainますます普及の輪が広がっていきそうですヽ(●^▽^●)ノ

税金考えてますか?

【仮想通貨最新ヘッドラインニュース】

▷ 続きを見る ◁


初心者に読んでほしい記事
各通貨リアルタイム情報
仮想通貨の口座を作ろう

取引所ランキングTOP3

No.1 【人気なアルトコイン『ネム(XEM)』『モナコイン』を安く買うならZaif】



マイナス手数料還元。取引所独自のトークンを始め、トークンが豊富。
トレード不要の仮想通貨コイン積立が自動でできるのも魅力な取引所


No.2 【世界一の取引所Binance】


バイナンス取引所

日本語に対応。軽くてUIも良く世界一の取引所。
メールアドレス登録のみで取引開始可能。海外取引所はバイナンス「Binance」


No.3 【セキュリティ評価世界一のビットフライヤー】


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

世界No.1のビットコインFX取引量を誇る取引所
レバレッジ15倍のビットコインFX取引ができる。ビットコインFX取引ならビットフライヤー。