仮想通貨ブログ日記@こより

2017年8月から仮想通貨参戦!仮想通貨(暗号通貨)についてのわたしなりの分析、考えを元に毎日1記事+α更新していきます 😊

ビットコインプラチナム延期、現時点では12月11(月)にハードフォーク予定


Dear:読者様
こんにちは、こよりです(o'ω')ノ

ビットコインをはじめ、アルトコイン全体も上昇傾向にありますねヽ(●^▽^●)ノ

こんな中ビットコインキャッシュのみ下降傾向にあります。ただビットコインがこれだけ価格を伸ばしている中、下降の勢いは小さいように思います。

恐らく買い支えが強いのだと思います。これだけ買い支えが強いと伸びる時は一気に伸びると予想出来ます。ただ15万円くらいまでは下がる可能性はあると思います。こよりは15万円付近に指値入れてます(๑•̀д•́๑)キリッ

ビットコインプラチナム延期

延期になった理由は明確になっておりませんが、現時点確認できるのは12月11(月)にハードフォーク予定ということです。

f:id:virtualcurrency:20171129123559p:plain

※随時変更になるので注意!

Bitcoin Platinumフォーク日付時刻予測カウントダウン

から確認できます(*≧▽≦)ノシ))

ビットコイン1万ドル突破!

ビットコイン価格が日本時間で28日深夜、心理的に重要なポイントである10000ドルを超えました。

jp.cointelegraph.com

ビックマネー投入

今年に入って目立ったのが機関投資家による仮想通貨市場参入の動き。12月2週には米CMEグループとCBOEによるビットコイン先物取引の上場予定。

もし予定通りビットコイン先物取引が現実のものとなれば、ビットコインが規制された市場で取引されることになり、ヘッジファンド・機関投資家もさらに参入しやすくなります。

ビットコインは認められた?

ヘッジファンドが参入するということは大きな資金が流れるということはもちろんですが、1番大きいのはビットコイン(暗号通貨)が認められつつあるということだと思います。「認める」というよりは「認めざるおえない」状況なのかもしれません。

ヘッジファンドは相場が上がっても、下がっても利益を継続的に追求することを目的にした組織です。富裕層や機関投資家から資金を集め、ハイリスク・ハイリターンの運用を行います。ビットコインは継続的に利益を生み出すことができると判断したと捉えることが出来ます。

今後のビットコイン(暗号通貨)市場がますます活発化することは間違いないですね(๑•̀д•́๑)キリッ

【仮想通貨最新ヘッドラインニュース】

▷ 続きを見る ◁


初心者に読んでほしい記事
各通貨リアルタイム情報
仮想通貨の口座を作ろう

取引所ランキングTOP3

No.1 【人気なアルトコイン『ネム(XEM)』『モナコイン』を安く買うならZaif】



マイナス手数料還元。取引所独自のトークンを始め、トークンが豊富。
トレード不要の仮想通貨コイン積立が自動でできるのも魅力な取引所


No.2 【世界一の取引所Binance】


バイナンス取引所

日本語に対応。軽くてUIも良く世界一の取引所。
メールアドレス登録のみで取引開始可能。海外取引所はバイナンス「Binance」


No.3 【セキュリティ評価世界一のビットフライヤー】


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

世界No.1のビットコインFX取引量を誇る取引所
レバレッジ15倍のビットコインFX取引ができる。ビットコインFX取引ならビットフライヤー。