仮想通貨ブログ日記@こより

2017年8月から仮想通貨参戦!仮想通貨(暗号通貨)についてのわたしなりの分析、考えを元に毎日1記事+α更新していきます 😊

ライトニングネットワーク(LN)支払いテスト完了、リップル(XRP)の今後の課題など


Dear:読者様
こんにちは、こよりです(๑
本日の仮想通貨ニュースはこちら⭐

 

ライトニングネットワーク(LN)支払いテスト完了

ライトニングネットワーク

近年、取引量の増加によりネットワークが混雑し、通常10分のトランザクションに時間がかかってしまったり、手数料が増加していることが問題となっている。

そこで、ビットコインコア開発者たちは取引手数料を大幅に削減し、即時取引を実現するLightning Network(LN)の開発を進めています。

動画(1:00あたり〜)ではビットコインのメインネットワークでの支払いテストの実演をしてテストが成功していることを証明しています。 

 

BTCの将来像とサトシ・ナカモト論文の相違

これを踏まえてるとロジャー・バー氏が言う「ビットコインキャッシュは本物のビットコイン」という主張がわかる。

 

リップル(XRP)の今後の課題

XRPがブリッジ通貨として優れている点
・秒間約1500取引が可能で、取引手数料も主要通貨と比較して非常に安い。

XRPの今後の課題
・XRPは流動性を高めることが必要。

手数料比較

f:id:virtualcurrency:20171222220728p:plain

取引手数料は他の通貨に比べてかなり安いことがわかります。

 

リップル公式ツイート

リップル公式Twitterから取引の秒間処理速度を比較したツイート。

 

流動性の向上

XRPをブリッジ通貨として成長するための課題を「流動性の向上」として考えるのは、USD(アメリカドル)を例に挙げるとわかりやすいです。

現状、世界最大のブリッジ通貨と言えるのはUSD(アメリカドル)です、その理由は「世界で最も経済規模が大きく、流動性が最大であるため」です。

XRPは、流動性の向上に向けてXRPを取り扱う取引所を着実に増やしています。現在は世界中の取引所約50社以上でXRPの取引が可能になっています。

2018年もリップルの動向も要チェックです♪ 

www.koyoriblog.com

【仮想通貨最新ヘッドラインニュース】

▷ 続きを見る ◁


初心者に読んでほしい記事
各通貨リアルタイム情報
仮想通貨の口座を作ろう

取引所ランキングTOP3

No.1 【人気なアルトコイン『ネム(XEM)』『モナコイン』を安く買うならZaif】



マイナス手数料還元。取引所独自のトークンを始め、トークンが豊富。
トレード不要の仮想通貨コイン積立が自動でできるのも魅力な取引所


No.2 【世界一の取引所Binance】


バイナンス取引所

日本語に対応。軽くてUIも良く世界一の取引所。
メールアドレス登録のみで取引開始可能。海外取引所はバイナンス「Binance」


No.3 【セキュリティ評価世界一のビットフライヤー】


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

世界No.1のビットコインFX取引量を誇る取引所
レバレッジ15倍のビットコインFX取引ができる。ビットコインFX取引ならビットフライヤー。