仮想通貨ブログ日記@こより

2017年8月から仮想通貨参戦!仮想通貨(暗号通貨)についてのわたしなりの分析、考えを元に毎日1記事+α更新していきます 😊

流出NEM、『財団の追跡停止』についての議論・反応をまとめてみました

流出NEM、『財団の追跡停止』について議論

コインチェックから流出した580億円相当の仮想通貨「NEM」について、推進団体の「NEM財団」が20日、突然追跡の停止を発表しました!

流出NEM、追跡停止の概要

Dear:読者様 こんにちは、仮想通貨ブロガーこより(@vc_koyori)です(๑•◡

まずは、流出NEM、追跡停止の概要の説明です。

シンガポールに本部がある推進団体の「NEM財団」や善意のホワイトハッカー達が、「Mosaic(モザイク)」と呼ばれる特殊な技術を使って流出したNEMを追跡するとともに、世界の交換業者に協力を呼びかけ犯人などの換金の動きを押さえ込もうとしていいました。

ただ、流出から10日余りが経ち、「NEMを格安で別の仮想通貨と交換する」とうたう闇サイト開設をキッカケに、分散や交換の動きが加速し、現在では流出した約6割のNEMが他の仮想通貨などに換金された模様Σ(°□°)⊃------マジッ

さらに、財団の呼びかけにもかかわらず目印(モザイク)が付いたNEMの取り引きに応じてしまう交換業者も現れたりしています∑(´゚ω゚`;) 

その影響で、モザイクがついたNEMを持っていると犯人に間違われるといった不都合も目立ってきたという背景もあり、18日には「モザイクを外し」、20日の発表では「追跡も停止」したとのこと。

ただし、事件の捜査は約100人体制で続けています(๑•̀д•́๑)キリッ

この流出NEMの追跡停止を受け、「結局、悪が勝つ?」「580億も盗み抜けるって仮想通貨って・・」「追跡できるNEMは有能」などいろんな意見があったので、まとめてみました!

流出NEM、追跡停止を受けての反応

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

NEMio財団とは

NEMio財団とはNEMの普及、教育を促進するために2017年3月に設立された、シンガポールを拠点とした有限責任保証会社のことです。

財団の主な目標は、NEM技術を振興し、ビジネス、学術、そして政府部門にまでその採用を拡大すること。

まとめ

f:id:virtualcurrency:20180321032515j:plain

意見の中には、「ん?」ってなるような意見もありましたけど、仮想通貨NEMに脆弱性が見つかったわけでもないし、仮想通貨は国や業者によって対応や管理方法がバラバラなため、難しいのは当たり前!

仮想通貨の歴史がまだまだ浅い段階にも関わらず「仮想通貨はオワコン」みたいな発言はどうかと思いますね∑(´゚ω゚`;)

G20での発言でもあったように仮想通貨は”世界金融システムの脅威とならない”という段階!

まだ始まってもない、仮想通貨はこれから(๑•◡


初心者に読んでほしい記事3選
各通貨リアルタイム情報
仮想通貨の口座を作ろう

取引所ランキングTOP3

No.1【XRP・BCHを安く購入するならビットバンク(bitbank.cc)】

今なら手数料が無料キャンペーン中!



ビットバンク公式ページへ

ビットバンクではビットコインキャッシュ(BCH)を無駄な手数料を払わず日本円で購入する事が出来ます♪


No.2 【人気なアルトコイン『ネム(XEM)』『モナコイン』を安く買うならZaif】



マイナス手数料還元。取引所独自のトークンを始め、トークンが豊富。
トレード不要の仮想通貨コイン積立が自動でできるのも魅力な取引所


No.3 【セキュリティ評価世界一のビットフライヤー】


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

世界No.1のビットコインFX取引量を誇る取引所
レバレッジ15倍のビットコインFX取引ができる。ビットコインFX取引ならビットフライヤー。