仮想通貨ブログ日記@こより

2017年8月から仮想通貨参戦!仮想通貨(暗号通貨)についてのわたしなりの分析、考えを元に毎日1記事+α更新していきます 😊

「仮想通貨広告禁止 」に対し3カ国で集団訴訟!仮想通貨ニュースまとめ

「仮想通貨広告禁止 」に対し3カ国で集団訴訟

3月28日仮想通貨ブロガーこよりがお届けする仮想通貨ニュース(๑•◡

【Goodニュース(3件)】

・「仮想通貨広告禁止」に待った!

・仮想通貨決済導入拡大

・コインベース、アルトコイン追加!?

【Badニュース(1件)】

・仮想通貨経由で資金洗浄される・・

Goodニュース

「仮想通貨広告禁止 」に対し3カ国で集団訴訟!

最近なにかと話題の「仮想通貨広告禁止」のニュース、この広告禁止の措置に対し集団訴訟が起きようとしています!

始まりは今年1月に仮想通貨広告を禁止すると発表したフェイスブック!

これに続きグーグルは3月、同様に6月から広告を制限する計画を明らかにし、ツイッターも3月27日から広告禁止を開始しています( ̄▽ ̄;)!!ガーン

仮想通貨広告禁止を発表をしている企業 

  • フェイスブック
  • グーグル
  • ツイッター 

たった3社しかないのに、この圧倒的感ww

この3社に加え今後、ロシアの検索大手ヤンデックスも、同様の措置を検討しているとのこと!

なぜ集団訴訟に至るのか!?

仮想通貨広告禁止を発表をしている企業4社(フェイスブック、グーグル、ツイッター、ヤンデックス)に対し、訴訟を起こすのは、ロシア仮想通貨ブロックチェーン協会(RACIB)、韓国ベンチャービジネス協会、中国の仮想通貨投資家協会であるLCBTの3団体。

訴訟を起こす理由として、仮想通貨広告を制限する4社の措置が、仮想通貨市場に悪影響を与えているからだと述べています!

訴訟は5月にする予定とのこと。

以下引用、

「4社はその独占的地位を利用していると確信している。市場を操作するために、お互いにカルテル協定を結んでいる。広告禁止が発表されてから、ここ数ヶ月間の仮想通貨市場は大きく落ち込んでいる」。

カルテル協定とは

(独: Kartell)または企業連合(きぎょうれんごう)は、企業・事業者が独占目的で行う、価格・生産計画・販売地域等の協定である。 特に官公庁などが行う売買・請負契約などの入札制度における事前協定は談合という。

確かに3社ともタイミングが一緒というのは気になる(*-ω-)*´ω`)*-ω-)*´ω`)ウンウン♪ この圧倒的3企業が同じ方向を向けば、市場を操作するなんて簡単でしょう!

ただ、裏を返せば、市場を操作(暴落)することが目的ならば、底で仕込む為の暴落であって中長期的に見れば、仮想通貨市場は回復又は上昇に転じるところまでが計画なはず!!

集団訴訟で実際どれくらい市場に影響するかはわかりませんが、もし、集団訴訟を受け、仮想通貨広告再開!みたいなことがあれば、確実に一時的にでも上昇することは間違いないでしょう!まぁその時は仕込み終わったということでしょうww 

仮想通貨決済が主流社会へ、韓国最大手取引所

この提携により、2018年の前半で6,000店舗を仮想通貨決済に対応させ、2018年末までに8,000店舗への対応を目指しているとされています。

提携発表の中で、Bithumbは、以下のように述べています!

"仮想通貨が広く使用される環境を整備できるよう全力を尽くす次第です。"

この試みによって仮想通貨決済が主流社会へ順応していくことを主張しています!Bithumbは最近、韓国最大のホテル予約プラットフォームとも提携し、仮想通貨決済の普及に尽力しています!

世界各国でこういった動きが見られるようになれば、もっともっと仮想通貨市場は拡大するね(๑•◡ 

コインベース、アルトコイン追加を示唆! 

今までコインベースはアルトコインの追加は全くして来ておりません、 リップル上場の噂も何回かありましたが、実現には至っておりません( ̄▽ ̄;)!!ガーン

しかし!今回、ERC20トークンを同社取引所で取り扱う意向を発表しています!

もしアルトコインが追加されるとなれば、高騰必至だね!

ただ現在、日本在住の方はコインベース取引所は利用出来ません(@ ̄□ ̄@;)ナンダトッ!ただコインベースについて知っておいてほしいことがあるので、コインベースについて少し書きたいと思います!

コインベース社とは

coinbase(コインベース)とは、2012年に創業したアメリカ発大手仮想通貨取引所の運営会社で、世界最大規模で仮想通貨史上最も歴史ある企業です!

ユーザー数は1200万人以上!ちなみにビットフライヤーは200万人、世界一の取引所バイナンスで500万人です。

コインベースの影響力は絶大です!

coinbaseはもともと「販売所」と「取引所」両方の機能がありましたが、現在は事業の発展に伴って「取引所」部門を独立させ、GDAX(ジーダックス)にリブランドしています。

コインベース社、仮想通貨取引所を2つ運営

※「販売所」と「取引所」の違いについては仮想通貨の取引所と販売所の違いについてをご覧下さい(๑•◡

コインベース・GDAX、取り扱い銘柄

「coinbase」「GDAX」共に以下4種類のコインを取り扱っています。

  • ・ビットコイン(BTC)
  • ・ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ・イーサリアム(ETH)
  • ・ライトコイン(LTC)

最新発表では「コインベースは、GDAXに上場された通貨のみを追加」と発言しているので、まずは「GDAX」(取引所)の方から追加されると思われます!

今後のコインベース社の動きには要注目です!!(๑•◡

Badニュース

仮想通貨が資金洗浄目的に使われる・・・ 

世界40カ国100以上の銀行から盗まれた、累計10億ユーロ(1300億円相当) が、すでに資金洗浄の目的で仮想通貨に換金されていたことがわかりました><

ユーロポール(欧州刑事警察機構)によると、どの仮想通貨が用いられたのか特定できていないとのこと。

こういうことする悪いヤツがいるから、仮想通貨のイメージが悪くなっちゃうんだよなぁ〜(`ε´)ぶーぶー

みなさんはくれぐれも「資金洗浄」で仮想通貨を使わないように!!

その他

仮想通貨を知る上で役立つリンク集

仮想通貨界隈では知らない人はいないほど有名な「玲奈」さんが、仮想通貨を知る上で役立つリンク集を1つの記事にまとめてくれています!

目的別でカテゴリ分けされていて、とてもわかりやすく、非常に為になるものなので今回紹介させていただきました(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ 

目的別カテゴリのラインナップは以下通りです!

  • ・仮想通貨の値動きが知りたい 
  • ・仮想通貨の概要が知りたい 
  • ・仮想通貨の最新ニュースが知りたい
  • ・値上がりに直結するイベントの情報を知りたい
  • ・Airdrop情報について知りたい
  • ・仮想通貨の開発状況や開発スコアを知りたい
  • ・仮想通貨コミュニティで仮想通貨仲間と交流したい
  • ・ICOまでの予定日が知りたい

気になる方は是非覗いてみて下さい=͟͟͞͞( ๑`・ω・´)

仮想通貨を知る上で役立つリンク集へ


初心者に読んでほしい記事3選
各通貨リアルタイム情報
仮想通貨の口座を作ろう

取引所ランキングTOP3

No.1【XRP・BCHを安く購入するならビットバンク(bitbank.cc)】

今なら手数料が無料キャンペーン中!



ビットバンク公式ページへ

ビットバンクではビットコインキャッシュ(BCH)を無駄な手数料を払わず日本円で購入する事が出来ます♪


No.2 【人気なアルトコイン『ネム(XEM)』『モナコイン』を安く買うならZaif】



マイナス手数料還元。取引所独自のトークンを始め、トークンが豊富。
トレード不要の仮想通貨コイン積立が自動でできるのも魅力な取引所


No.3 【セキュリティ評価世界一のビットフライヤー】


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

世界No.1のビットコインFX取引量を誇る取引所
レバレッジ15倍のビットコインFX取引ができる。ビットコインFX取引ならビットフライヤー。