仮想通貨ブログ日記@こより

2017年8月から仮想通貨参戦!仮想通貨(暗号通貨)についてのわたしなりの分析、考えを元に毎日1記事+α更新していきます 😊

XEM(ネム)過去最高値更新!高騰理由のwechatとは!?


Dear:読者様
こんにちは、こよりです(๑

XEMが過去最高値を更新しました(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

過去の最高値から約2倍まで上げて73円まで上昇。一旦調整に入っている模様。

f:id:virtualcurrency:20171209103351p:plain

ネム高騰

XEM高騰理由

 wechatとは?

f:id:virtualcurrency:20171209103420p:plain

「WeChat」とは、中国版のLINEと呼ばれています。
驚くべきはそのユーザー数!なんと9億人以上Σ ゚Д゚≡( /)/エェッ!  
wechat IDと紐付けられたことこで9億人以上がNEMを使う可能性が出てきました。

f:id:virtualcurrency:20171209104932p:plain

基本的に中国に不利になるような海外のものは利用させないか、規制するかという方針なので、今の中国ではLINEは使えません。今後もwechatは市場規模を拡大していくことでしょう!

友達にカンタンに送金出来る機能

この機能は日本ではあまりなじみがありませんが、中国ではお正月に「社長から社員」や「年長者から年下の人」など少額の紅包と呼ばれるお年玉のようなものを送る風習があり、その期間中はWeChatのこの機能がたくさん使われるようです。今後はNEMでお年玉送金みたいなことも考えられます。かなり身近で実用的なものに(๑•̀д•́๑)キリッ

株式取引にもNEMが採用

世界中のどこにいても匿名かつ安全に株式購入を行うことが間もなく可能に。

NEM採用理由

NEM でなければなりませんでした。アセットブロックチェーンを提供しているのはNEMだけですから。Ethereum についても検討していましたが、それでは不可能であることがわかりましたし、Bitcoin がハッキングされていたことも明らかでした。

ロシアの仮想通貨スタートアップZeus Exchange、〝中国テック〟を利用したブロックチェーンによる株式取引サービスを立ち上げへ - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

と回答。2018年3月に全面的に実用化を目指しています。

規制の多い中国国民は簡単には海外投資を行うことができないが実用化されれば合法的に出来るようになり、潜在的な需要はかなりあると思います。来年もまたNEMの高騰が期待できそうです=*^-^*=にこっ♪

 

【仮想通貨最新ヘッドラインニュース】

▷ 続きを見る ◁


初心者に読んでほしい記事
各通貨リアルタイム情報
仮想通貨の口座を作ろう

取引所ランキングTOP3

No.1 【人気なアルトコイン『ネム(XEM)』『モナコイン』を安く買うならZaif】



マイナス手数料還元。取引所独自のトークンを始め、トークンが豊富。
トレード不要の仮想通貨コイン積立が自動でできるのも魅力な取引所


No.2 【世界一の取引所Binance】


バイナンス取引所

日本語に対応。軽くてUIも良く世界一の取引所。
メールアドレス登録のみで取引開始可能。海外取引所はバイナンス「Binance」


No.3 【セキュリティ評価世界一のビットフライヤー】


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

世界No.1のビットコインFX取引量を誇る取引所
レバレッジ15倍のビットコインFX取引ができる。ビットコインFX取引ならビットフライヤー。